日本第四紀学会
English

第四紀研究 − 第58巻第2号(2019年4月)

訂正

第四紀研究58巻2号の138ページの図1に誤りがありました.お詫びして訂正させていただきます.
こちらのリンク先の図に差し替えをお願いします.

日本第四紀学会編集委員会

  • 「第四紀研究から防災・減災への多角的なアプローチ」 特集号

    • [口絵] 横田修一郎・鳥井真之:2016年熊本地震時に南阿蘇村の造成宅地に出現した地割れ群
    • [口絵] 成尾英仁・中摩浩太郎・渡部徹也・鎌田洋昭・西牟田瑛子・松崎大嗣:開聞岳の貞観十六年噴火災害と当時の人の対応
    • 奥野 充・石原与四郎・遠田晋次・黒木貴一・井村隆介・北村晃寿:特集号「 第四紀研究から防災・減災への多角的なアプローチ」 の趣旨
    • 竹村恵二:九州中部の第四紀テクトニクスからみた熊本地震
    • 村上 哲・平田涼太郎・坂本龍太郎・野見山 陽・三輪 滋:平成28 年熊本地震において現れた液状化の帯と地盤特性
    • 横田修一郎・鳥井真之:2016年熊本地震時に南阿蘇村の造成宅地に出現した地割れ群とその成因
    • 遠田晋次・石村大輔:熊本地震など内陸大地震で見いだされた誘発性地表地震断層と短い活断層の評価
    • 黒木貴一:土砂災害に関わる微地形とハザードマップの地域区分
    • 西山賢一・鳥井真之・横田修一郎・若月 強・井上 弦・中尾賢一・星出和裕・奥野 充:阿蘇カルデラ壁斜面における斜面崩壊の発生頻度
    • 中西利典・木村治夫・松山尚典・ホン ワン・堀川義之・越後智雄・北田奈緒子・竹村恵二:群列ボーリング調査と地中レーダ探査による伏在活断層の活動履歴の検討─大分平野西部の府内断層の例─
    • 石村大輔:三陸海岸における2011年東北地方太平洋沖地震後の古津波堆積物研究
    • 菅原大助:津波土砂移動数値解析の不確実性と地形復元について
    • 吉村和久・石原与四郎・山内平三郎・島袋綾野・片桐千亜紀・能登征美・天日美薫:鍾乳洞に記録された大規模地震と津波
    • 成尾英仁・中摩浩太郎・渡部徹也・鎌田洋昭・西牟田瑛子・松崎大嗣:開聞岳の貞観十六年(AD874)噴火災害と当時の人の対応
    • 山田圭太郎:大分県別府湾におけるイベント堆積物とその研究史
    • 佐々木 華・大西由梨・石原与四郎:更新統塩原層群宮島層における湖成年縞堆積物に挟在するイベント堆積物の特徴とその識別方法─側方変化を考慮した堆積過程の検討─
  • 書  評

特集号編集委員会
奥野 充,石原与四郎,遠田晋次,黒木貴一,井村隆介,
北村晃寿(編集委員長),原田仁美(編集書記)