日本第四紀学会
English

日本第四紀学会 論文賞と奨励賞選考に関する内規

(1994年8月26日,評議員会・8月27日,総会にて決定)
(1995年1月28日,評議員会にて一部改正)
(1997年8月6日,総会にて一部改正)
(1999年1月30日,評議員会にて一部改正)
(2006年8月4日,評議員会にて一部改正)
(2007年2月3日,評議員会にて一部改正)
(2010年8月20日,評議員会にて一部改正)
(2012年8月20日,評議員会にて一部改正)
(2017年1月28日,評議員会にて一部改正)

  1. 選考の対象は,授与年の前々年及び前年の2年間(2巻分)の第四紀研究に発表された論説,短報,総説,資料,講座及び特集号の論文とする.奨励賞については,選考が行われる当該年の4月1日現在で,会員である35歳以下の筆頭著者の論文を対象とする.すでに奨励賞を受賞したことのある筆頭著者の論文は,奨励賞の対象とならない.
  2. 論文賞と奨励賞の授与は原則として毎年とし,受賞論文数は論文賞が1-2編程度,奨励賞が2編程度とする.
  3. 論文賞受賞論文が複数の著者(研究グループ等を含む)により執筆されたものである場合には,執筆者一同に論文賞を授与する.奨励賞については会員である筆頭著者に授与する.同一論文が,論文賞と奨励賞の候補となった場合には,論文賞を優先する.ただし,奨励賞受賞候補者であることを選考結果報告に記載し,評議員会で論文賞が授与された際は,奨励賞の副賞も授与する.また評議員会で論文賞が授与されなかった場合は,奨励賞候補者として評議員会で審議する.
  4. 論文賞選考委員は,会長が専門分野を付記して推薦した10名以上の会員の中から,評議員の投票により選出される.得票数が同数のときは,専門分野の委員数が少ない者を委員とする.専門分野の委員数も同数の場合は,年長順とする.
  5. 論文賞選考委員が受賞候補者となった場合には,賞の選考に関与しないこととする.
  6. 論文賞選考委員に欠員が生じた場合は,次点者を補充する.
  7. 論文賞と奨励賞の選考に当たっては,論文の独創性,将来の発展性,総合性や重要な発見などを選考の基準とする.
  8. 受賞候補者の推薦書類は,幹事会が定める期日までに日本第四紀学会論文賞選考委員会宛てに提出する.
  9. 受賞候補者の推薦書類には次の事項を記入する.賞の名称,推薦者名(自薦を含む),受賞候補者名,受賞候補論文名(巻号頁を含む)及び推薦理由.
  10. 会長は第四紀通信に論文賞と奨励賞の受賞候補者の推薦募集に関する記事を掲載する.
  11. 論文賞選考委員会は,選考対象となる論文を独自に調査するとともに,会員からの候補者・候補論文の推薦の状況をみて,編集委員会に対し推薦を依頼することができる.
  12. 論文賞選考委員会は,幹事会が定める期日までに届いた自薦と他薦及び編集委員会から推薦された候補者・候補論文を参考にして受賞候補者・候補論文を選考し,会長に答申する.また,論文賞選考委員長は,評議員会と総会において,選考経過と結果を報告する.
  13. 論文賞選考委員長は第四紀通信に評議員会で決定した受賞者と受賞理由を発表する.
  14. 本内規の変更には評議員会の承認を必要とする.
  15. 本内規は,2017年1月29日から施行する.

 会則・規定のページへもどる