日本第四紀学会
English

功労賞選考に関する内規

(2007年2月3日の評議員会で決定)

  1. 功労賞の授与は原則として2年ごととし,授賞数は若干名とする.
  2. 功労賞の選考に当たっては,以下の項目を参考にする.
    1. 第四紀学について多大な貢献のあった者や団体,組織
    2. 本会に関係した活動(たとえば役員,各種委員など)に貢献のあった者,INQUAの委員,学術会議のINQUA 関連委員などを務めるなどの貢献があった者
  3. 功労賞受賞候補者の選考は幹事会で行い,評議員会において幹事長が受賞候補者とその推薦理由を述べ,評議員会において決定する.
  4. 選考を行う幹事会メンバーは,功労賞受賞候補者になれない.
  5. 幹事会は,受賞候補者を授与年の6月末日までに選考する.
  6. 幹事長は,第四紀通信に評議員会で決定した功労賞受賞者と授賞理由を報告する.
  7. 本内規の変更には評議員会の承認を必要とする.
  8. 本内規は,2007年8月1日から施行する.

 会則・規定のページへもどる