日本第四紀学会
English

日本第四紀学会 学会賞と学術賞選考に関する内規

(2007年2月3日,評議員会にて決定)
(2008年8月22日,評議員会にて一部改正)
(2010年8月20日,評議員会にて一部改正)
(2012年8月20日,評議員会にて一部改正)

  1. 学会賞は,第四紀学の発展に貢献した顕著な業績や活動及び学会活動に貢献した正会員に授与する.
  2. 学術賞は,第四紀学の発展に貢献した優れた学術業績をあげた正会員に授与する.優れた編書・著書・論文などの一連の業績を対象とする.
  3. 学会賞と学術賞の授与は,原則として毎年とし,それぞれ若干名とする.
  4. 学術賞の対象成果が,複数の著者〈研究グループ等を含む〉によりなされたものである場合には,筆頭著者または代表者に学術賞を授与する.
  5. 学会賞選考委員は,会長が専門分野を付記して推薦した10名以上の会員のなかから,評議員の投票により選出される.得票数が同数のときは,専門分野の委員数が少ない者を委員とする.専門分野の委員数も同数の場合は,年長順とする.選挙の際には,分野を考慮した選挙を行うため,各分野からの候補者,過去3年間の学会賞選考委員会の名簿を明示する.なお,学会賞選考委員の任期は1年とし,3期以上連続して就任できない.
  6. 学会賞選考委員が受賞候補者となった場合には,賞の選考に関与しないこととする.
  7. 学会賞選考委員に欠員が生じた場合は,次点者を補充する.
  8. 受賞候補者の推薦書類は,幹事会が定める期日までに日本第四紀学会学会賞選考委員会宛てに提出する.
  9. 受賞候補者の推薦書類には次の事項を記入する.賞の名称,推薦者名(自薦を含む),受賞候補者名,受賞件名及び推薦理由.
  10. 会長は第四紀通信に学会賞と学術賞の受賞候補者の推薦募集に関する記事を掲載する.
  11. 学会賞選考委員会は,幹事会が定める期日までに届いた自薦と他薦及び評議員から推薦された候補者の中から受賞候補者を選考し,会長に答申する.また,学会賞選考委員長は,評議員会と総会において,選考経過と結果を報告する.
  12. 学会賞選考委員長は第四紀通信に評議員会で決定した受賞者と受賞理由を報告する.
  13. 学会賞と学術賞の選考において,受賞候補者が,当該年の論文賞の受賞候補者となっていても,双方の賞の妨げとしない.
  14. 本内規の変更には評議員会の承認を必要とする.
  15. 本内規は,2012年9月1日から施行する.

 会則・規定のページへもどる