日本第四紀学会
English

日本第四紀学会が主催・共催・後援するイベント

イベント情報のページへもどる

日本第四紀学会2018年学会賞・学術賞受賞記念講演会(第1回)

シンポジウムのポスター(pdf 215KB)

[期 日]:2019年1月27日(日)13:30-15:30

[場 所]:早稲田大学22号館2階201教室(約200名収容)
    (参加無料、申し込み不要)

  • 13:00- 受付開始
  • 13:30-13:35 開会あいさつ
  • 13:35-14:25 学会賞受賞講演 竹村恵二会員
           「西南日本の第四紀変動論」
  • 14:25-14:35 休憩
  • 14:35-15:25 学術賞受賞講演 塚本すみ子会員 
           「超低温熱年代学で探る日本の山地の隆起と侵食」
  • 15:30 閉会

開会前に評議員会を予定しています。


このページのトップへ

イベント情報のページへもどる

第4回ジオパークシンポジウム「日本列島の第四紀多様性:ジオパークの基礎として」

ポスターのダウンロード(pdf 1.9MB)

[趣 旨]
  日本第四紀学会は2017年度から5つの領域を中心とした活動に移行し,領域5「現在社会に関わる第四紀学」では,ジオパークおよびジオパーク活動を支援・推進しています.今まで,3回のジオパークシンポジウムを開催してきましたが,今年のシンポジウムでは,ジオパークを構成する「ジオ多様性」を第四紀学的に見つめ直すことを目的として,日本の自然環境の多様性について,保全の必要性を論じた上で,各テーマの概要をまとめ,ジオパーク活動への貢献を議論します.講演者は,各テーマで中堅以上の研究者にお願いしました.このような第四紀多様性をもとにして,各ジオパークで新たな活動が加わり,活動に深みが出ることを期待します.ジオパーク関係者,ジオパークに興味・関心がある方だけでなく,第四紀学全般を概観したい方も,ぜひご参加下さい.

[日 時]: 2018年12月8日(土) 9時30分〜17時00分

[場 所]: お茶の水女子大学共通一号館304号室
        〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1
        東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅下車10分
        東京メトロ有楽町線護国寺駅下車5分

[事前登録]: なし,直接会場にお越しください

[参加費]: 無料

[プログラム]

  • 9時30分〜10時00分 第四紀研究の成果と第四紀多様性 目代邦康(日本ジオサービス)
  • 10時00分〜10時30分 ジオ多様性の保全と研究の必要性 渡辺悌二(北大)
  • 10時30分〜10時55分 日本列島の平野環境の多様性 堀 和明(名古屋大)
  • 10時55分〜11時20分 日本列島の山地環境の多様性 苅谷愛彦(専修大)
  • 11時20分〜11時45分 日本列島の地形発達の多様性 植木岳雪(千葉科学大)
  • 11時45分〜12時10分 日本列島の火山・テフラの多様性 鈴木毅彦(首都大)

            昼食

  • 13時00分〜13時25分 日本列島の水環境の多様性 林 武司(秋田大)
  • 13時25分〜13時50分 日本列島の気候の多様性 財城真寿美(成蹊大)
  • 13時50分〜14時15分 日本列島の植生の多様性 百原 新(千葉大)
  • 14時15分〜14時40分 日本列島の動物の多様性 河村 愛(富山大)

            休憩

  • 15時00分〜15時25分 日本列島の旧石器考古遺跡の多様性 橋詰 潤(明治大)
  • 15時25分〜15時50分 日本列島の縄文・弥生考古遺跡の多様性 工藤雄一郎(歴博)
  • 15時50分〜16時15分 考古遺跡からみた日本列島の地形環境の多様性 小野映介(新潟大)
  • 16時15分〜17時00分 総合討論

[問い合わせ先]
植木岳雪
千葉科学大学・危機管理学部
E-mail:tueki(at) cis.ac.jp ※ (at) 部分を @ (半角)に置き換えて下さい。

このページのトップへ

イベント情報のページへもどる